マチ 予想・考察

【ハンターハンター】マチが死ななかった理由は?今後の展開を予想

投稿日:

【ハンターハンター】マチが死ななかった理由は?今後の展開を予想

ヒソカ対クロロの戦いはクロロの勝利で話が進むと思われた矢先、ヒソカは死後に発動する念を利用し復活しました。

その後幻影旅団のシャルナークとコルトピを殺し、幻影旅団の他のメンバーを倒すために動き始めます。

しかしヒソカ復活の現場に居合わせたマチのことをヒソカは殺さず、拘束したまま放置してシャルナークとコルトピのもとに向かいました。

果たしてヒソカがマチを殺さなかった理由はなんなのでしょうか?

こちらの記事ではヒソカがマチを殺さなかった理由、そして今後の展開を紹介していきます。

 

1.ヒソカがマチを殺さなかった理由を考察

【ハンターハンター】マチが死ななかった理由は?今後の展開を予想

ヒソカは復活を遂げた後幻影旅団メンバーを全員倒すことを考えていました。

それであればなぜ殺すチャンスがあったマチを殺さなかったのでしょうか?

 

①マチを殺さなかったのは伝言役として残すためか

【ハンターハンター】マチが死ななかった理由は?今後の展開を予想

スポンサーリンク

ヒソカがマチを殺さなかった理由として、最も考えられるのが他のメンバーへの伝言役として残すためだと考えられます。

ヒソカはマチを拘束し

「旅団全員に伝えてくれる?今からどこで誰と逢ってもその場で殺すまで闘るとね」

という言葉を言い残しマチのもとを去っています。

強敵ぞろいの幻影旅団メンバーを殺すのであれば、何も知らせずに襲った方が可能性は高いと思いますがこれをしないのはヒソカの美学なのでしょう。

その後シャルナークとコルトピを襲ったので、幻影旅団メンバーに対する強烈なメッセージとなったでしょう。

しかし伝言役だけが理由でマチを残したとは考えにくいのも事実、読者がそんな疑問を持っていた時まさかの人から回答が出てきました。

 

②マチを殺さなかったのは冨樫先生

【ハンターハンター】マチが死ななかった理由は?今後の展開を予想

読者がなぜヒソカがマチを殺さなかったのかを考えている間、単行本34巻のあとがきで衝撃の事実が発表されます。

34巻のあとがきにはヒソカ対クロロの解説がのっているのですが、そこにはヒソカはマチを殺したがっていたが冨樫先生が却下したということが書かれていました。

一流の漫画家や小説家の人は、キャラクターが勝手に動き出すという表現を使うことがありますが、ヒソカ本人の考えとしてはマチを殺すという考えを持っていたとのことです。

しかし冨樫先生はその後の船の流れに続けるにあたって他の旅団員への伝言役が必要だったのと、今回の戦いの反省と復習を踏まえてクロロに能力を貸したシャルナークとコルトピを殺したということでした。

クロロの念能力盗賊の極意(スキルハンター)は、相手の念能力を盗むことができます。

クロロを中心に団結している幻影旅団メンバーがいれば、クロロは幻影旅団メンバーの能力をいつでも借りることができ、これを許してしまうとヒソカにとってはとても不利に働きます。

前回の戦いからこれを学んだヒソカは、それを防ぐためシャルナークとコルトピを殺しクロロの動きを制限しました。

マチを残しておけば自ら幻影旅団メンバーを探さなくても、向こうから復讐のために殺しにくるでしょうから、効率よく幻影旅団メンバーを殺すためにはマチを生かしておく必要があったのでしょう。

マチとしても生かされることはかなり屈辱的でしょうから、復讐に燃える事は間違いないでしょう。

 

2.ヒソカと幻影旅団メンバーの今後の展開を予想

【ハンターハンター】マチが死ななかった理由は?今後の展開を予想

スポンサーリンク

ヒソカにシャルナークとコルトピを殺された幻影旅団。

ヨークシンシティ編ではウヴォーギンとパクノダも失っており、幻影旅団史上にない危機に陥っています。

ヒソカと幻影旅団は今後どのような展開を見せるか予想してみました。

 

①ヒソカに対して幻影旅団メンバー全員で挑む展開か

【ハンターハンター】マチが死ななかった理由は?今後の展開を予想

ヒソカはマチを殺さずに伝言役としています。

そのマチを通じてヒソカが幻影旅団メンバーを狙っていることはすぐに伝わるでしょう。

ウヴォーギンを殺された時もそうでしたが、幻影旅団は仲間の死に対して復讐をします。

クロロは1人暗黒大陸に向かっているようですが、残ったメンバーはシャルナークとコルトピの弔いのためにも全員でヒソカを倒すことを考えるでしょう。

シャルナークとコルトピを殺したとしても、幻影旅団にはフィンクス、フランクリン、フェイタンら戦闘が得意なメンバーがまだ残っています。

彼らにまとまって襲ってこられたらさすがのヒソカといえども厳しいでしょうから、ヒソカがどのように戦うのかは楽しみですね。

 

②サポート系メンバーを失った幻影旅団

【ハンターハンター】マチが死ななかった理由は?今後の展開を予想

しかしシャルナークとコルトピを失った幻影旅団は、ヨークシンシティで失ったパクノダに続いてサポート系メンバーを次々と失うという事態に陥っています。

特にシャルナークはプロのハンターでもあり、幻影旅団の情報処理を担当する参謀役的なポジションを担っています。

団員に欠員が出た場合は団長クロロがメンバーを補充するとのことですが、暗黒大陸に向かっているクロロにそれは難しそうですので幻影旅団としての活動自体が成り立つかどうかも難しいところ。

これに加えてヒソカが他のメンバーを殺すとなってしまったら、幻影旅団自体の存続にも関わります。

敵キャラでありながら幻影旅団メンバーはとても人気がありますので、読者としてもヒソカと幻影旅団メンバーの動向は気になりますね。

 

3.まとめ

ここまでヒソカがマチを殺さなかった理由と今後の幻影旅団について紹介してきました。

マチとしては生かされた屈辱があるでしょうから、他の幻影旅団メンバーと共にヒソカを殺しにいくでしょう。

ヒソカも一筋縄ではいかないでしょうから、今後ヒソカと幻影旅団メンバーとの戦いも楽しみですね。

引き続き、「ハンターハンター ネタバレ」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-マチ, 予想・考察

Copyright© 【ハンターハンターネタバレ】五大災厄の正体、暗黒大陸の予想を考察 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.