パーム 予想・考察

【ハンターハンター】パームの能力の謎に迫る!衝撃の展開を予想

更新日:

【ハンターハンター】パームの能力の謎に迫る!衝撃の展開を予想

ハンターハンターのキメラアント編で登場し、その個性的な性格で強烈なインパクトを残したキャラクターがパームです。

パームはストーカー気質のような性格でゴンやキルアを困らせましたが、ストーリー上でも非常に重要な役割を果たしキメラアント討伐に大きく貢献しました。

そんなパームなのですが強化系能力者であるのに持っている能力はあまり強化系っぽくありません。

果たしてパームはなぜそのような念能力を身につけたのでしょうか?

ここではパームの念能力について迫っていきたいと思います。

 

1.パームはなぜ監視する念能力を手に入れられた?

【ハンターハンター】パームの能力の謎に迫る!衝撃の展開を予想

パームの念能力は人魚のミイラに自分の血をたらすことで、水晶に対象の姿を映すことができるというものです。

果たしてこの能力はどのような経緯で習得したのでしょうか?

 

①パームの念能力は強化系

【ハンターハンター】パームの能力の謎に迫る!衝撃の展開を予想

まずパームの念能力ですが得意な系統は強化系です。

ゴンとキルアに初めて会った際、目の前のコーヒーの量が増えたことが強化系である証です。

しかしパームが取得している姿を監視する能力というのは、強化系能力のように思えません。

例えば視力を強化して遠くのものまで見ることができるようにするというのであればわかりますが、パームの能力は水晶を通して対象者を監視するというものです。

おそらくこの能力を分類するのであれば、具現化系か特質系に分類されるでしょう。

とは言え強化系であるパームにとっては具現化系も特質系も相性の悪い系統です。

本来強化系であるカストロが具現化系能力を中心に修行したことをメモリの無駄遣いと言われていましたが、パームはまさにそのような状態になっているのではないでしょうか。

 

②元々監視する能力の素質を持っていた

【ハンターハンター】パームの能力の謎に迫る!衝撃の展開を予想

そこで考えられるのが、パームが元々監視する能力の素質を持っていたという説です。

特質系能力は誰でも取得できるわけではなく、その人の生まれながらの才能や育った環境によって開花するものです。

シャルナークがパクノダの能力をレアと言っていたように、特質系能力は所持していること自体が珍しく代用できるものではありません。

強化系能力者は後天的に特質系能力が開花する可能性が最も低い系統ではありますが、パームそのかなりレアな人間だったのかもしれません。

おそらくパームの師匠であるノヴは自分のサポートのためにこの能力を覚えさせたのでしょう。

ただいずれにせよ本来強化系能力者であるパームが、具現化系もしくは特質系の能力を身につけるのはかなり大変だったのでしょうね。

 

2.キメラアントによって改造され大幅にパワーアップしたパーム

【ハンターハンター】パームの能力の謎に迫る!衝撃の展開を予想

キメラアントの王であるメルエムを監視するため宮殿に向かったパームですが、その前にキメラアントに捕らえられてしまいます。

その後キメラアントによって改造されたパームの変化について考察していきます。

 

①本来の強化系能力を取得したパーム

【ハンターハンター】パームの能力の謎に迫る!衝撃の展開を予想

キメラアントによって改造されたパームは、暗黒の鬼婦神(ブラックウィドウ)という新たな能力を取得します。

この能力では全身を硬化した毛で覆う事で打撃力をあげるというもので、キルアの50㎏ヨーヨーを砕き打撃戦で圧倒するほどその攻撃力を見せました。

キルアもパームと戦っている際に、元々強化系であるパームの能力がツボにはまると強いと言っています。

このことからもパームが元々使用していた能力は強化系能力ではないとわかります。

キメラアントによって改造されているため能力は強化されているのでしょうが、やはり念能力は元々持っている能力を強化することが強くなるための道筋なのでしょう。

 

②キメラアントの改造によって監視する能力もパワーアップ

【ハンターハンター】パームの能力の謎に迫る!衝撃の展開を予想

またキメラアントによって改造されたパームは、淋しい深海魚(ウィンクブルー)という新たな監視能力も手に入れます。

改造されたパームは人魚のミイラや水晶と融合しており、右眼だけで見た者は水晶に記憶され、左眼だけで「視」ればその水晶に記憶された者の現在が映るという監視能力を手に入れています。

わざわざ水晶を出すまでもなく素のままの状態で相手を監視することができるということで、能力はかなり便利になっていますね。

この能力によってパームはメルエムとコムギの最期を見た唯一の人物となります。

このことからもキメラアントによる改造はかなりの能力強化につながることがわかります。

パームは強い意志があったので自我を取り戻しましたが、これがそのまま敵になると考えるとゾクッとしますね。

 

③パリストンはキメラアントの繭を使って何をする?

【ハンターハンター】パームの能力の謎に迫る!衝撃の展開を予想

パームは自身の意思で自我を取り戻しましたが、パーム以外にも500体もの半獣人が羽化しているとされています。

元ハンター協会副会長のパリストンはこの500体の半獣人を使って何かをたくらんでいるようですが、その詳細はまだ明かされていません。

しかしパームのパワーアップを見るに、500体の半獣人はかなり強いに違いありません。

暗黒大陸編でそのあたりの秘密は明かされるでしょうから、今後パリストンの動きにも注目ですね。

 

3.まとめ

ここまでパームの念能力について考察をしてきました。

強化系能力者でありながら得意な系統ではない能力の修行をしていたパームですが、皮肉にもキメラアントの改造によってその能力が開花しました。

今後パリストンの動きも含め面白い展開が待っていると思われますので、パームの再登場にも期待したいですね。

引き続き、「ハンターハンター ネタバレ」を紹介していきます↓



他にこんな記事も読まれています

-パーム, 予想・考察

Copyright© 【ハンターハンターネタバレ】五大災厄の正体、暗黒大陸の予想を考察 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.